忍者ブログ
[PR]
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017年06月28日  04時15分
トモゾウと大介
CATEGORY : [未選択]

 時より薪で焚く風呂に浸かりたくて銭湯に行きたく成ります。


家の都市ガスで焚く風呂とは何だか違う様な気はするんですけど・・・唯単に湯の温度が高いだけかも知れません。


 本当は水質も影響しているんでしょうから、色々な点で違うんでしょうが、公共的な温度な為、自分では調節が利かないと云うサディスティックな所が銭湯には在って、わざわざ熱いのを解って居て我慢し手入ると云う、実にマゾヒスティックな欲求が入浴する側にも求められるのでしょう。 そんな事はどうでも良いのですが、正月三日の日曜日の夕暮れ時、湯船から上がって脱衣所に行くと、80は裕に越えた老人と20代後半の若者が脱衣所に入って来ました。
 老人の方はちびまる子ちゃんのトモゾウさんを見たいな風体の老人で、若い頃は結構威勢の良さそうな感じの老人で、若者の方は宮川大介似の風貌の良く居るタイプの若者です。


 「トモゾウさん(仮名)椅子座って下さい」


宮川大介(仮名)が銭湯の脱衣場に良くある丸椅子を差し出すと、トモゾウはちょいと腰掛け乍ら靴下やシャツを脱ぎ始めました。 何時も通りの慣れた感じです・・宮川大介が「体温計って下さい」と体温計を差し出すと脇に挟んで体温を測り始めました。 「後血圧も測ります・・」大介が声を掛けると上の空で頷いていました。


 どうやら孫とか親族では無く介護のヘルパーさんだった様です。


大介もパンツ一枚でしたから、恐らく一緒に風呂に入るのでしょうが、正月から仕事と云え・・実に大変な労働です。


 あのぐらいの若者だと、親と一緒に温泉すら行かないと思いますから、赤の他人の老人の介添えをし乍ら1時間ぐらい銭湯に居ると言うのも可成りの割り切りと体力を要する事でしょう。
 トモゾウの家族はそれなりに介護の会社に料金を支払って居るだろうから・・半日ぐらいでも1万三千円は掛かっている事と思います。


 しかし、派遣の宮川君はせいぜい千円ぐらいの時給ですから、責任の割には重労働な気もします。 
 まあ、三が日ぐらい家族の負担を軽減させる為にヘルパーさんを頼んだりして居るかと思いますが、世の中大変な時代に成って居るんだなと・・つくづく感じました。
 人の役に立つ仕事をしたいと志してやって居るとは思いますが、足下も覚束ない老人を引率して銭湯に行くなんて自分にはナカナカ出来ません。
 万が一、洗い場で滑って転んだらとか・・・湯船で脳溢血で倒れたらとか・・責任は負い切れません。  咄嗟に動ける様に、ホールド感のある上履きと単パンで洗い場に入りたい所ですが、銭湯にそんな格好では野暮もいい所です。
 正月が来る度に、餅を食うのも風呂に入るのも命懸けに成るんだなと感じる40台最後の三が日でした。





























PR

2016年01月04日  09時46分
コメント[ 0 ]
| HOME |お手軽冷やし中華>>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

| HOME |お手軽冷やし中華>>
忍者ブログ[PR]